地方点描:キヌガサソウ[湯沢支局]

お気に入りに登録

 花に一目ぼれしたのは初めてだった。本県と山形県の県境に位置する神室山(1365メートル)に群生するキヌガサソウ。先日、湯沢山岳会の調査登山に同行してお目にかかった。りんとして高貴な雰囲気があり、他の植物では感じたことがない感動を覚えた。この花を見るためだけに登山をする人がいるというのも分かる。

 キヌガサソウは県の絶滅危惧種に指定されている。1株に直径6センチほどの白い花を一つ咲かせる。神室山では標高1260メートル付近の登山道脇に幅3メートルほど、長さ50メートルほど広がっている。今月上旬までは見られそうという。

(全文 655 文字 / 残り 395 文字)