花岡事件から75年(下)平和の取り組み 市民の手で歴史後世に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
花岡川のほとりに立つ花岡平和記念館
花岡川のほとりに立つ花岡平和記念館

 「学校前を流れる川は、中国人の強制連行されてきた人々によって作られた…そんなことは、先生も親も、誰も教えてはくれませんでした」

 かつて中国人が過酷な労働を強いられた大館市花岡町の花岡川。そのほとりに立つ「花岡平和記念館」では、花岡で育った女性が子どもの頃を思い起こして寄稿した文が掲示されている。この文からは、強制連行の事実が語られることのない記憶として風化しかねなかったことが伝わる。

(全文 1040 文字 / 残り 846 文字)

この連載企画の記事一覧