東京圏往来、「場合によっては注意促す」 県議会で佐竹知事

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久・秋田県知事
佐竹敬久・秋田県知事

 東京都で新型コロナウイルスの1日当たり感染者が100人を超えたことを受け、佐竹敬久・秋田県知事は2日、「東京に緊急事態宣言が出ていなくても、場合によっては秋田と東京圏の往来について注意を促す」との考えを示した。同日の県議会予算特別委員会の総括審査で語った。

 佐竹知事は県外との往来の自粛要請について「強制はできない」と前置きした上で「首都圏で(感染拡大が)ひどい状況であれば、県民の皆さんにご遠慮を願うような広報活動は必要だと考えている」と語った。

(全文 508 文字 / 残り 283 文字)