仏、対トルコ追加制裁言及 リビア巡り関係悪化深まる

お気に入りに登録

 【パリ共同】フランスのルドリアン外相は1日、リビア内戦への介入を巡り非難を強めているトルコに対し、欧州連合(EU)で制裁を追加する可能性があると言及した。フランスメディアが伝えた。両国関係は悪化の一途をたどっている。

 ルドリアン氏は国民議会(下院)で、フランスの要請で13日のEU外相理事会はトルコ問題を協議すると説明した。EUは加盟国キプロスが主張する排他的経済水域(EEZ)でトルコが進めている天然ガス採掘を巡って既に制裁を科したが、ルドリアン氏は「他の制裁が検討され得る」と述べた。追加制裁の理由や内容は不明。