卓球、張本智和が代表合宿で練習 倉嶋洋介監督「元気で安心」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
卓球のナショナルチームの合宿に参加し、練習する張本智和=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(日本卓球協会提供)
卓球のナショナルチームの合宿に参加し、練習する張本智和=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(日本卓球協会提供)

 卓球男子で東京五輪代表の張本智和(木下グループ)が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われているナショナルチームの合宿に合流して練習をスタートさせた。4月の緊急事態宣言前から地元仙台に戻っていたが、今月1日にトレセン入り。男子代表の倉嶋洋介監督は「心配していたが、久々に会って元気そうだった」と安心した様子で話した。

 コロナウ感染拡大で3月以降は大会がなく、仙台では卓球場を営む実家で父と練習を行っていた。張本について、倉嶋監督は「選手同士による生きた球で練習しながら、少しずつ実戦感覚を取り戻させていきたい」と方針を語った。