十和田ホテル人気、県内からの予約続々 限定割安プラン好評

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田杉を使用した造りが特徴の十和田ホテル。国の有形文化財に登録されている
秋田杉を使用した造りが特徴の十和田ホテル。国の有形文化財に登録されている

 秋田県小坂町の十和田湖西湖畔にある国登録有形文化財「十和田ホテル」(猿田強総支配人)に、県内からの宿泊予約が相次いでいる。これまでは首都圏からの宿泊客が主だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて県内客限定の割安プランを売り出したところ、予定の枠が8月までほぼ埋まる好評ぶりだ。

 同ホテルは1939(昭和14)年の開館で、天然秋田杉を巧みに配した木造3階建ての重厚な造りが特徴。すべての客室から十和田湖の風景が見られる。

 冬季休業を経て4月17日から営業する予定だったが、新型コロナの影響で2カ月半延期し、今月1日に再開した。

(全文 839 文字 / 残り 573 文字)