住民ら茅の輪くぐる 太平山三吉神社「夏越の大祓式」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
茅の輪をくぐる参列者
茅の輪をくぐる参列者

 1年の折り返しに、けがれや邪気をはらい残りの半年の健康を祈る「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)式」が30日、秋田市広面の太平山三吉神社(田村泰教宮司)で行われた。地域住民ら約100人が、チガヤで編まれた茅(ち)の輪をくぐり、残り半年を災いなく健康に過ごせるよう祈った。今年は新型コロナウイルスが終息するようにとの願いも込められた。

 参列者は、人の形をした和紙「形代(かたしろ)」を肩から足へ滑らせ、和紙と麻を細かく切った「切麻(きりぬさ)」を体に振りかけ身を清めた。その後、8の字を描くように列を作り、大きな茅の輪を3回くぐった。

(全文 573 文字 / 残り 306 文字)