知事、秋田弁の愛称に飽き飽き? 新文化施設の名前巡り持論

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事(資料写真)
佐竹敬久知事(資料写真)

 「『んだべが』とか、嫌ですよ」―。秋田県と秋田市が8月中旬から公募する新文化施設「あきた芸術劇場」(2022年3月開館予定)の愛称を巡り、佐竹敬久知事が予算特別委員会の総括審査で持論を展開した。

 佐竹知事は「(あきた芸術劇場は)高尚な名前。公募の結果、本当にいいものがなければ(愛称は)付けなくてもいい」と賛同。「最近はすぐ方言。また秋田の方言とか嫌ですよ。全然イメージが違う」と続け、一例に「んだべが」を挙げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 438 文字 / 残り 230 文字)

秋田の最新ニュース