コロナでお中元売り場、様変わり 「巣ごもり消費」意識

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスへの感染対策が取られているお中元コーナー=秋田市のイオンモール秋田内のイオンスタイル御所野
新型コロナウイルスへの感染対策が取られているお中元コーナー=秋田市のイオンモール秋田内のイオンスタイル御所野

 秋田県内の小売店でお中元商戦が本格化している。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、受け付けカウンターの数を減らしたり、ビニールシートをカウンターに設けたりするなど売り場は様変わり。外出を控えて自宅で過ごす「巣ごもり消費」やインターネット通販への対応、県産品の充実に力を入れている。

 西武秋田店(秋田市)はギフトセンターを地階に開設。3密を回避するため、商品を見て回るスペースを拡大する一方、受け付けカウンターは10台から7台に減らした。飛沫(ひまつ)感染を防ぐビニールシートや消毒液の設置、試食販売の自粛など感染対策に配慮している。

(全文 823 文字 / 残り 550 文字)