ニュースの「つぼ」:横手市増田まんが美術館

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「マンガの蔵展示室」で保存作業を行うスタッフ
「マンガの蔵展示室」で保存作業を行うスタッフ

 横手市増田まんが美術館は、昨年5月にリニューアルオープンし、1年目は多彩な企画展やワークショップを開催して集客に努め、来館者数は14万3千人(目標12万人)に上った。新たに漫画界の巨匠2人の原画計15万点を収蔵することが決まり、国内唯一の原画保存の相談窓口も併設する。明るいニュースが多く存在感を高めているが、新型コロナウイルス感染防止に伴う集客の難しさなどの課題がある。

 まんが美術館は、漫画をテーマにした全国初の美術館として1995年開館。複合施設の機能の一つだったが、漫画原画に特化してリニューアルオープンした。初日は入り口前に長蛇の列ができ、ファンの期待の高さをうかがわせた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1030 文字 / 残り 737 文字)

この連載企画の記事一覧

まんが美術館の現状と展望に迫りました

同じジャンルのニュース