WHO治験の中間結果、近く判明 新型コロナに既存治療薬で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者会見する世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=3日、ジュネーブ(ロイター=共同)
記者会見する世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=3日、ジュネーブ(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は3日、新型コロナウイルス感染症の患者に他の疾病の治療薬を投与して効果があるかを調べる臨床試験(治験)の中間結果が、2週間以内に判明すると明らかにした。スイス西部ジュネーブ駐在の記者で構成する国連欧州本部記者会(ACANU)とのWHO本部での会見で述べた。

 同席したWHOで緊急事態を統括するライアン氏は、開発が進められているワクチンについて「有効性が年内に示されるかもしれない」との見通しを表明。ただ「大量生産が可能となり来年の早い時期に接種を始めることができるかどうかが課題だ」と指摘した。