クマ、果樹園でサクランボ食い荒らす 秋田道では車と衝突

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 4日午後2時ごろ、秋田県横手市大沢字尻高の果樹園で、サクランボの木にクマが登っているのを収穫作業中の50代女性が目撃した。約1キロ分のサクランボが食い荒らされていた。クマは約2時間半後、地元猟友会によって駆除された。

 横手署によると、クマは体長約1・2メートル。女性が作業中に約20メートル先の木を登るクマを見つけ、園を所有する夫が猟友会や市を通じて通報した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 428 文字 / 残り 247 文字)

秋田の最新ニュース