「川反観音像」建立20年 非業の死の仙台藩士供養

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
川反観音像の前で行われた慰霊祭
川反観音像の前で行われた慰霊祭

 戊辰戦争のさなか、秋田県で命を落とした仙台藩士を供養しようと建てられた秋田市大町の「川反観音像」が2000年の建立から20年を迎えた。4日に像の前で慰霊祭を開き、本県や宮城県などから18人が参加して冥福を祈ったほか、節目を記念して仙台市の花であるハギを植えた。

 慰霊祭は秋田委員会の会員など12人のほか、志茂の子孫である中沢幸男さん(80)=仙台市=など仙台藩士の子孫6人が参加した。僧侶による読経に合わせ、一人一人が像の前で手を合わせ、仙台藩士の冥福を祈った。

(全文 760 文字 / 残り 528 文字)