新たな花火の楽しみ方を提案 ラジオで打ち上げ実況、大仙

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ラジオと連動して打ち上げられた花火
ラジオと連動して打ち上げられた花火

 7日の七夕を前に、願い事を込めた花火を打ち上げる「七夕花火」が4日夜、秋田県大仙市の雄物川河川敷で行われた。自宅からでも花火を楽しめるよう、ラジオ局の生放送と連動して実況を交えながら実施した。主催した花火通り商店街(黒澤輝会長)が、コロナ禍での新たな花火の観賞法として提案した。

 打ち上げは、地元のコミュニティーラジオ局・FMはなびの生放送番組内で行われた。同局スタッフが、河川敷の特設ブースから、市内のこども園や小学校、特別支援学校の代表者らから寄せられたメッセージを紹介。

(全文 576 文字 / 残り 337 文字)