大きな目の秋田犬「ロイ」 高校生が名前考案、新たな土産に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 土産品として人気の秋田犬の縫いぐるみに新たな仲間が登場した。大きな目が特徴の「ロイ」。大館市内の観光施設などで販売されている。

 米国の縫いぐるみ製造大手の日本総代理店が手掛けた。同社の縫いぐるみは、誕生日や名前の由来といったストーリーがある。ロイのストーリーは、大館国際情報学院高校3年の三政乃愛(みまさ・のあ)さんが考え、採用された。

 ロイは忠犬ハチ公への敬意を示し、ハチ公と同じ11月10日生まれ。「忠実」を示す英語「loyal(ロイヤル)」が名前の由来となっている。

(全文 310 文字 / 残り 73 文字)