高校生ヤートセグループが自主公演 秋田祭中止乗り越えて

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自主公演で踊る闘心乱華のメンバーら
自主公演で踊る闘心乱華のメンバーら

 秋田市などの高校生でつくるヤートセグループ「闘心乱華」が5日、秋田市寺内の県青少年交流センター・ユースパルで自主公演を開き、メンバー14人が一糸乱れぬ踊りを披露した。6月に出演を予定していた「ヤートセ秋田祭」が新型コロナウイルスの影響で中止されたことを受け、3年生にとって最後の舞台を企画した。

 同チームは自分たちで作曲、振り付けしたオリジナルの踊りを毎年1曲発表している。公演では、今年の新曲「姫緋扇(ひめおうぎ)」のほか3曲を披露。一糸乱れぬ優雅な踊りに、集まった家族や同級生ら90人が歓声や拍手を送った。

(全文 643 文字 / 残り 387 文字)