なかいち銘品館の「毛筆ポップ」 書いているのは…

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
筆文字のポップや垂れ幕が並ぶなかいち秋田銘品館
筆文字のポップや垂れ幕が並ぶなかいち秋田銘品館

 「暮らしに木のぬくもりを」「手作り布マスクあります」―。秋田市中通で伝統工芸品や農産物加工品などを販売する「なかいち秋田銘品館」に、筆で手書きされたさまざまなポップや垂れ幕が並んでいる。楷書ではなく、伸び伸びとした筆致が特徴的だ。

 書いたのは、銘品館を運営する「秋田まちづくり」の森川恒取締役(71)。2018年の同館オープン時から、筆文字のポップや垂れ幕を手掛けている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 466 文字 / 残り 279 文字)

秋田の最新ニュース