自動運転のトラクターが大豆の種まき 大館で実証調査

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オペレーターがハンドルから手を離して精度の高さをアピールした実証調査
オペレーターがハンドルから手を離して精度の高さをアピールした実証調査

 県北秋田地域振興局はこのほど、衛星を使った高精度位置計測システム「GNSS」を活用して真っすぐに進む機能を搭載したトラクターによる大豆の播種作業を、大館市立花の農事組合法人立花ファームの圃場で行った。省力化やオペレーターの負担軽減などの効果を探る実証調査。

 GNSSは、GPSをはじめとした衛星利用測位システムの総称。作業は、衛星からの信号を受信するアンテナやモニターなど専用の機械を取り付けたトラクターが誤差2、3センチの範囲内で直進して圃場を往復しながら行った。

(全文 452 文字 / 残り 218 文字)