東成瀬村、交通死亡事故ゼロ1500日達成

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
杉山局長(右)から表彰状を受け取る佐々木村長
杉山局長(右)から表彰状を受け取る佐々木村長

 秋田県と県警は1日、先月11日に交通死亡事故抑止1500日を達成した東成瀬村を表彰した。村では2016年5月3日以来、死亡事故が起きていない。

 村役場で表彰伝達式が行われ、県雄勝地域振興局の杉山徹局長が知事表彰、横手署の佐々木恒署長が県警本部長顕彰の表彰状をそれぞれ佐々木哲男村長に手渡した。

(全文 267 文字 / 残り 120 文字)