めんこすぎる!秋田犬の子犬9匹 マサルの母の実家、幸寿荘

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
すくすく育つ秋田犬の子犬
すくすく育つ秋田犬の子犬

 秋田県能代市河戸川にある秋田犬犬舎「能代幸寿荘」で5月から6月にかけて生まれた9匹の子犬が元気に育ち、愛くるしい表情を見せている。

 幸寿荘では、雄雌合わせ10匹の秋田犬を育てている。5月19日に8匹、6月23日に1匹が誕生した。5月の8匹は母優姫(ゆうひめ、4歳)が一度に産んだ。白毛、虎毛、赤毛と種類に富み、互いにじゃれ合いながら過ごしている。

 代表の本瀬純一さん(57)は、中学1年で秋田犬保存会に入会。秋田犬ブリーダーとして売り買いに携わり約25年。平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手に贈られた秋田犬の「マサル」を生後50日から約1カ月間育てた。マサルの母親は幸寿荘で生まれた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 539 文字 / 残り 221 文字)

【動画】はこちらから/能代幸寿荘のインスタグラム

秋田の最新ニュース