トップチームと夢の対決! 高校生が交流試合、8月

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
こまちスタジアム(資料写真)
こまちスタジアム(資料写真)

 秋田県内を拠点にしているスポーツのトップチームと高校生の交流試合「AKITAドリームマッチ」が、8月14日から16日まで秋田市の各施設で行われる。新型コロナウイルスの影響で全国高校総体や全県高校総体が中止となったことを受け、プロや社会人選手が高校生を元気づけ、競技の魅力を伝えようと7チームが結集し企画した。

 参画するのはバスケットボールの男子Bリーグ1部秋田ノーザンハピネッツ、社会人男子のJR東日本秋田、女子の秋田銀行、プレステージ・インターナショナル、野球のTDK、バドミントンの北都銀行、ラグビーの秋田ノーザンブレッツ。サッカーJ3のブラウブリッツ秋田はシーズン中のため参加しない。

(全文 484 文字 / 残り 188 文字)