廃業後放置の「まるご旅館」解体へ 略式代執行、県内2例目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
にかほ市が解体する方針の廃旅館。手前の白色の建物が旧館、道路を挟んで奥のオレンジ色の建物が新館
にかほ市が解体する方針の廃旅館。手前の白色の建物が旧館、道路を挟んで奥のオレンジ色の建物が新館

 秋田県にかほ市は廃業後に放置されている同市平沢の「まるご旅館」について、老朽化で外壁などが飛散する危険性が高いとして、空き家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する準備を進めている。関連費用は市議会6月定例会で可決。9月に工事に着手し、来年2月には解体を終える計画。略式代執行による解体が実施されれば県内2例目、にかほ市では初めてとなる。

(全文 618 文字 / 残り 447 文字)