イージス配備計画断念、経緯検証し説明を 参院決算委が決議

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田、山口両県を候補地としていた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画断念を巡り、参院決算委員会(中川雅治委員長)は7日、導入決定から計画断念までの経緯を検証し、配備候補地となった地方自治体や住民に丁寧に説明するよう政府に求めることを全会一致で決議した。決議を踏まえて適切な措置を講じ、その結果を決算委に報告すべきだとしている。

 決議は、技術面や安全面での確認が不十分なまま地上イージスの配備計画が開始され、配備候補地から懸念や反対意見が示されていたと指摘。経緯の検証に加え、配備断念に伴う「埋没費用」を正確に把握し、可能な限り減らすよう日米間で十分に協議することを求めている。

(全文 575 文字 / 残り 277 文字)