首都圏との不要不急往来、佐竹知事「遠慮を」 8日対策会議

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久・秋田県知事
佐竹敬久・秋田県知事

 佐竹敬久・秋田県知事は7日、県内での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、首都圏との不要不急の往来について注意喚起する方針を明らかにした。6月県議会終了後の記者会見で「自粛というよりも、遠慮をお願いする」と述べた。8日に県の新型コロナ対策本部会議を開き、正式な対応を決める。

 東京都で連日、100人以上の新規感染者が確認されている点を踏まえ、佐竹知事は「東京の余波を県境で食い止める」と強調。「秋田でまん延すれば、高齢者の重症化が懸念される。再び商売の自粛要請となると、(経済が)これ以上持たない。水際対策をしっかりやって、地域で経済を回していくことが必要」と語った。

(全文 471 文字 / 残り 185 文字)