コロナ対策81億円、県補正予算案を可決 県議会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナ対策費を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を可決した県議会本会議
新型コロナ対策費を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を可決した県議会本会議

 6月秋田県議会は7日、本会議を開き、新型コロナウイルス感染症対策費などを盛り込んだ総額131億2145万円の2020年度一般会計補正予算案など30件を可決、同意して閉会した。

 補正予算は新型コロナ対策費に81億8456万円、林業振興策や道路、河川の補修といった公共事業に49億3689万円を計上した。補正後の総額は6388億7411万円。

(全文 592 文字 / 残り 422 文字)