マスク着けて撮り直した写真、広報紙に使わず 県議会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 6月秋田県議会の一般質問で県議2人がマスクを着けていなかったのに、県議会事務局が質問終了後、広報紙用にマスク姿の写真を撮り直した問題で、事務局は撮り直した写真を広報紙に掲載しないことを決め、7日の議会運営委員会で了承された。一連の対応について「さまざまな疑念を生じさせてしまった」としている。

 県議会は新型コロナウイルス対策として、議場でのマスク着用を申し合わせている。先月18日に一般質問した2人がマスクを外して登壇したため、事務局は質問終了後の昼休み中、広報紙用にマスクを着けた状態で壇上に立ってもらい、写真を撮り直した。

(全文 502 文字 / 残り 238 文字)