大館きりたんぽまつり、ドーム開催は断念 別形式を検討

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本場大館きりたんぽまつりの縮小開催を決めた運営委員会
本場大館きりたんぽまつりの縮小開催を決めた運営委員会

 10月に秋田県大館市で開かれる「本場大館きりたんぽまつり」が今年、規模を縮小して開かれる。例年はニプロハチ公ドームで3日間開催しているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のためドームでの開催を断念。10月をまつり期間として、インターネットを使ったきりたんぽセットの販売促進、学校へのなべっこ用食材の贈呈などを実施する。ブースを設けたきりたんぽ販売については、引き続き開催方法などを検討する。

 まつりを主催する大館食の祭典協議会の運営委員会(会長・佐藤義晃大館商工会議所会頭)が7日、同市のプラザ杉の子で開かれ、42人が出席。実行委員会が今年の開催案を提示し、新型コロナの影響で例年と同様の形式による開催は難しいとした。

(全文 892 文字 / 残り 580 文字)