淡い光放つヒメボタル、幻想的 小坂町休平地区

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
淡い光を断続的に放ちながら草地を飛び交うヒメボタル(約1分間露光撮影)
淡い光を断続的に放ちながら草地を飛び交うヒメボタル(約1分間露光撮影)

 秋田、青森県境近くの十和田湖畔にある小坂町の休平(やすみたい)地区で6日夜、ヒメボタルが淡い光を放ちながら現れ、暗闇を幻想的に彩っていた。

 ヒメボタルは、発光間隔が長いゲンジボタルと異なり、光を点滅させるのが特徴。地元の自然ガイドによると、休平地区から1キロほどにある十和田神社(青森県十和田市)周辺でも、観察することができるという。

(全文 321 文字 / 残り 153 文字)