五輪合宿へ「整っている」 デンマーク大使、大潟村訪問

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ボートセンターで運動器具「エルゴメーター」をこぐ(右から)高橋村長、タクソイェンセン大使
ボートセンターで運動器具「エルゴメーター」をこぐ(右から)高橋村長、タクソイェンセン大使

 東京五輪でデンマークのホストタウンとなっている秋田県大潟村を6、7の両日、同国のピーター・タクソイェンセン駐日大使が訪れた。7日は同国ボート代表チームが事前合宿を行う予定のボートセンターなどを視察した。

 村では本来、今年6月23日から7月19日までボート代表チームが合宿を行い、大使はチームの激励を兼ねて訪れる予定だった。新型コロナウイルス感染拡大により東京五輪と合宿は延期されたが、タクソイェンセン大使の意向で村を初めて訪問した。

(全文 526 文字 / 残り 309 文字)