時代を語る・伊藤次男(16)10位で五輪を終える

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
敗者復活戦でアメリカ(奥)に敗退=昭和39年10月13日
敗者復活戦でアメリカ(奥)に敗退=昭和39年10月13日

 エイト日本代表の目標は決勝進出でした。予選で1位、もしくは敗者復活戦で1位になれば、6チームによる決勝に進める仕組みでした。

 予選は3位、敗者復活戦が最後のチャンスでした。ところが日本と同じ組に優勝最有力候補のアメリカがいました。予選で敗れた際、コーチが悲壮な顔つきだったのは「アメリカは強過ぎる。でも勝たなければならない」という冷静な「戦力分析」と目標達成への「覚悟」が混在していたからでしょう。

(全文 789 文字 / 残り 589 文字)

この連載企画の記事一覧