ロ当局、国家反逆罪で元記者逮捕 軍事機密の特ダネに報復か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7日、拘束された後、逮捕の審理に臨むためモスクワ市内の裁判所に護送されたサフロノフ氏(タス=共同)
7日、拘束された後、逮捕の審理に臨むためモスクワ市内の裁判所に護送されたサフロノフ氏(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシア連邦保安局(FSB)は7日、有力紙コメルサントの特ダネ記者だったイワン・サフロノフ氏を国家反逆容疑で逮捕した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の情報機関に国家機密を渡した疑いがあるとしている。

 コメルサント紙をはじめ多くのメディアは容疑に疑問を呈し、サフロノフ氏への支持を表明。同氏が暴いた軍事機密に関する記事に対する当局の報復との見方を強めている。

 サフロノフ氏の弁護士によると、FSBは同氏が2012年からチェコ情報機関のスパイとなり、17年にロシアと中東・アフリカ諸国の軍事協力に関する機密情報を渡したと主張している。