5月の県内企業、8割が売り上げ減 外出自粛や休業響く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 東京商工リサーチ秋田支店の新型コロナウイルスに関する県内企業アンケートで、今年5月の売上高が前年同月より落ち込んだと答えた企業は80・6%に上った。4月より4・0ポイント増え、2月以降の月別で最も高くなった。緊急事態宣言に伴う外出自粛や休業などが響いたとみられる。

 今回のアンケートは5月28日~6月9日にインターネットを通じて実施。143社から有効回答を得た。

(全文 903 文字 / 残り 721 文字)