感染疑いの人がいたら… 市町村職員ら避難所での対策学ぶ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
避難所の運営者役と避難者役に分かれて行ったワークショップ
避難所の運営者役と避難者役に分かれて行ったワークショップ

 新型コロナウイルスが流行する中、避難所での感染防止策を考える研修会が8日、秋田市の県生涯学習センターで開かれた。県教育委員会の主催。市町村職員ら約30人が参加し、新型コロナの感染が疑われる人がいる場合の避難所の運営方法を学んだ。

(全文 584 文字 / 残り 469 文字)