ナマハゲとアマビエがお札に コロナ収束、観光活性化願う

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田活版印刷と真山神社が寄贈したオリジナルのお札
秋田活版印刷と真山神社が寄贈したオリジナルのお札

 秋田活版印刷(秋田市、畠山紀夫社長)と真山神社(秋田県男鹿市、武内信彦宮司)は7日、新型コロナウイルス収束と観光活性化の願いを込めたオリジナルのお札10万枚を県観光連盟に寄贈した。お札は県内各地の観光協会や業界団体を通じて宿泊施設などに配り、観光客やビジネス客に手渡してもらう。

(全文 442 文字 / 残り 302 文字)