悪疫退散願い、手作りの舟を雄物川へ 大曲西根で鹿島流し

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
鹿島舟を担いで町内を練り歩く住民
鹿島舟を担いで町内を練り歩く住民

 秋田県大仙市大曲西根地区の住民が5日、悪疫退散などを願う伝統行事「鹿島流し」を行った。柳の枝やヨシなどで鹿島舟を手作りし、住民の安全を祈って雄物川に流した。

 西根地区の自治会「共栄会」は約40年前、それまで途絶えていた鹿島流しを復活させ、以来、毎年6月末~7月上旬に行っている。

(全文 505 文字 / 残り 365 文字)