金農旋風の興奮再び、三種町に新聞など展示 試合の映像も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金足農野球部から借り受けた書籍や新聞が並ぶ展示コーナー
金足農野球部から借り受けた書籍や新聞が並ぶ展示コーナー

 熱戦の興奮をもう一度―。秋田県三種町教育委員会は、2018年夏の甲子園で準優勝した金足農業高校に関する書籍や新聞の展示コーナーを、同町鹿渡の琴丘公民館図書室前に設けている。新型コロナウイルスの影響で甲子園が中止となった高校球児にエールを送ろうと実施。玄関ホールでは金足農の試合映像も流している。

 金足農野球部が以前から練習試合などで町をよく訪れており、昨年1月には町内で合宿を行った縁から企画した。県勢として103年ぶりの決勝進出という活躍を特集した野球専門誌や写真集、号外紙面など、同校から借り受けた書籍や新聞など約20点のほか、準優勝の記念ボールやナインのサイン入り色紙を展示。甲子園がテーマの小説や練習法を説いた実用書など、野球の関連本約40冊も並べている。

(全文 553 文字 / 残り 220 文字)