観光再興へコシの強い支援を 佐藤養助、観光庁へ2千食提供

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
稲庭カップうどんの目録を手渡す佐藤社長(左)
稲庭カップうどんの目録を手渡す佐藤社長(左)

 新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた観光業の再興に取り組む人たちを応援したいと、秋田県湯沢市の稲庭うどん製造販売「佐藤養助商店」はこのほど、稲庭カップうどん2千個を観光庁に贈った。

 東京・霞が関の国土交通省で佐藤正明社長が「秋田の味に触れ、うどんのコシのように粘り強く観光支援に取り組んでいただきたい」と語り、田端浩観光庁長官と御法川信英国交副大臣に目録とうどんのサンプルを手渡した。

(全文 351 文字 / 残り 157 文字)