五城目町で12日に朝市プラス 3カ月ぶり再開へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4月に開かれた朝市プラス。出店者、来場者とも少なく、やや寂しげな雰囲気だった
4月に開かれた朝市プラス。出店者、来場者とも少なく、やや寂しげな雰囲気だった

 秋田県五城目町の朝市に臨時出店できる「ごじょうめ朝市plus+(プラス)」が12日午前9時から、同町の朝市通りで開かれる。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて4月中旬から休止していたが、政府によるイベント開催の制限が10日から緩和されるのを受け、町が3カ月ぶりの再開を決めた。

 朝市プラスは2016年度に始まり5年目。町内外からアクセサリーや菓子、コーヒーなどを販売する臨時出店者が集まる。12日は、定期出店者を含めて60軒前後が通りに店を出す見込み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 526 文字 / 残り 299 文字)

秋田の最新ニュース