能代松陽、明桜などシード4校3回戦へ 県高校野球第2日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 2020秋田県高校野球大会(県高野連主催)第2日は10日、秋田市のこまちスタジアム、さきがけ八橋球場、能代市の能代球場(山田久志サブマリンスタジアム)、横手市のグリーンスタジアムよこて、平鹿球場の5球場で1、2回戦計10試合を行った。能代松陽が能代を下し、明桜は金足農に快勝。秋田商と由利はコールド勝ちし、シード4校がいずれも3回戦に進んだ。男鹿海洋・能代西・二ツ井の3校連合は十和田に敗れた。

 11日は県内全域で悪天候が予想されるため、大会第3日は12日に順延となった。12日は2回戦8試合を実施する。

 ▽1回戦
新屋  7-5 本荘
増田 10-5 西仙北
 
 ▽2回戦
秋田修英 12-0 雄物川
(五回コールドゲーム)
明桜    3-0 金足農
能代松陽  4-1 能代
横手清陵  2-0 六郷
秋田商  10-0 五城目
(六回コールドゲーム)
十和田   7-1 男鹿海洋・能代西・二ツ井
湯沢翔北  7-0 角館
(八回コールドゲーム)
由利    9-2 由利工
(七回コールドゲーム)