ミュシャが描いた華麗な女性たち 横手・県立美術館で展示会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女性を華麗に描いた作品が並ぶミュシャ展
女性を華麗に描いた作品が並ぶミュシャ展

 アール・ヌーヴォー(新しい芸術)を代表する作家アルフォンス・ミュシャ(1860~1939年)の作品約450点を集めた「ミュシャ展―アール・ヌーヴォーの華―」がきょう11日、横手市の県立近代美術館で開幕する。10日には内覧会が開かれ、ミュシャファンら約30人がじっくり鑑賞した。秋田魁新報社、ABS秋田放送、県立近代美術館でつくる実行委員会の主催。

 アール・ヌーヴォーは、19世紀末のヨーロッパで起こった芸術様式。流れるような植物文様で装飾された華麗な女性像は「ミュシャ・スタイル」と呼ばれる。

 9月13日までで会期中は無休。開館時間は午前9時半~午後5時(最終入館は4時半)。一般1200円、高校・大学生800円、中学生以下無料。問い合わせは県立近代美術館TEL0182・33・8855

(全文 641 文字 / 残り 297 文字)