西村担当相「夜の街」対策を発表 都の保健所に人的支援

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
感染防止策を協議後、記者会見する東京都の小池百合子知事(右)と西村経済再生相=10日午後、東京・永田町
感染防止策を協議後、記者会見する東京都の小池百合子知事(右)と西村経済再生相=10日午後、東京・永田町

 西村康稔経済再生担当相は10日、新型コロナウイルスの感染が相次ぐ東京都内の夜の繁華街対策について、小池百合子知事らと会談した。西村氏と小池氏は終了後に記者会見し、積極的な検査や事業者の感染予防策への支援、都の保健所に対する国や近隣県からの人的支援を連携して進めていく意向を示した。

 西村氏は「夜の街で集中的に検査をし、封じ込める」と述べ、無症状者や、陽性者の出ていない店舗も対象に含めるとした。フェースシールド購入などに最大200万円を補助する国の支援金の活用を呼び掛け、事業者にさらなる協力を要請。利用者にも感染防止策を講じていない店舗を訪れないよう求める。