秋田駅ビルに59年・本山物産 コロナで打撃受け閉店へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
閉店する本山物産トピコ店の店内に立つ本山社長(左)
閉店する本山物産トピコ店の店内に立つ本山社長(左)

 JR秋田駅西口の駅ビル・トピコにある土産物店「本山物産トピコ店」が12日の営業を最後に閉店する。1961年から59年間続けてきた駅ビルでの営業を終える。運営する本山物産(秋田市外旭川)によると、新型コロナウイルスの影響で売り上げが大幅に減り、感染収束のめども立たないため閉店を決めた。同社は正社員4人とパート従業員2人を15日付で解雇し、会社自体を解散する方針。

 JR秋田駅西口の駅ビル・トピコにある土産物店「本山物産トピコ店」が12日の営業を最後に閉店する。1961年から59年間続けてきた駅ビルでの営業を終える。運営する本山物産(秋田市外旭川)によると、新型コロナウイルスの影響で売り上げが大幅に減り、感染収束のめども立たないため閉店を決めた。同社は正社員4人とパート従業員2人を15日付で解雇し、会社自体を解散する方針。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 811 文字 / 残り 447 文字)

秋田の最新ニュース