山口での衝撃大きく、イージス配備停止 水面下で受け入れ案

お気に入りに登録

 政府は先月、秋田、山口両県への地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を断念した。安倍晋三首相や河村建夫元官房長官、防衛相経験者の林芳正参院議員らの地元・山口では受け入れに向けた動きが進み、一部では政府から地域振興策を引き出す「軟着陸」案も浮上していた。「ちゃぶ台返し」(自民党県連関係者)の衝撃は大きい。

 「一方的な決定。防衛省との信頼関係を根底から崩す」。6月19日、柳居俊学県議会議長が、陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)への配備計画停止の説明に訪れた河野太郎防衛相に厳しく迫った。

(全文 801 文字 / 残り 545 文字)