矢島八朔まつり中止 関係者「断腸の思い」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年の矢島八朔まつり=2019年9月8日
昨年の矢島八朔まつり=2019年9月8日

 秋田県由利本荘市矢島地域で最大規模の伝統行事「矢島八朔(はっさく)まつり」(9月12、13日)が、新型コロナウイルス感染防止のため中止となった。

 実行委員会によると、矢島八朔まつりは五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を願う行事で、400年以上の歴史がある。元々、旧暦の8月朔日(さくじつ)(月の最初の日)に行われていたことからこの名が付いた。現在は、毎年9月に2日間にわたって開催されている。

(全文 397 文字 / 残り 201 文字)