男鹿で取れた新鮮な魚介ずらり オガーレ、12日まで創業祭

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地元産の魚介類が販売されている直売所
地元産の魚介類が販売されている直売所

 秋田県男鹿市船川港船川の市複合観光施設「オガーレ」(道の駅おが)で11日、開業2周年を記念した「道の駅おが創業祭33(さんさん)まつり」が始まった。地元で水揚げされた新鮮な魚介類が並び、多くの人でにぎわった。12日まで。

 直売所では市内の漁業者らが出品したカレイやマダイ、サザエ、ベニズワイガニなどが販売され、訪れた人たちが品定めしていた。旬を迎えている若美産メロンも人気を集めた。初日はエビ、イカ、サザエを特売するコーナーが設けられ、販売開始から40分ほどで用意した約180パックが売り切れた。

(全文 434 文字 / 残り 185 文字)