女性像や植物装飾繊細に 県立近代美術館「ミュシャ展」開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ポスターや本の挿絵など450点が並ぶ会場
ポスターや本の挿絵など450点が並ぶ会場

 植物などのモチーフで飾った華麗な女性像で知られるアルフォンス・ミュシャ(1860~1939年)の作品展が11日、秋田県横手市の県立近代美術館で始まった。ポスターや本の挿絵、ポストカードなど約450点を展示している。9月13日まで。

 秋田魁新報社、ABS秋田放送、県立近代美術館でつくる実行委員会の主催。ミュシャは、19世紀末のヨーロッパに起こった芸術様式アール・ヌーヴォー(新しい芸術)を代表する作家。訪れた人たちは、女性像のほか、背景や周囲に細かく描かれた植物の装飾などに見入っていた。

 午前9時半~午後5時(最終入館4時半)。会期中無休。一般1200円、高校・大学生800円、中学生以下無料。

(全文 524 文字 / 残り 225 文字)