県内各地で大雨、秋田市では道路冠水相次ぐ 12日も警戒を

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
雨の影響で冠水した道路=11日午前9時55分ごろ、秋田市浜田字町ノ下
雨の影響で冠水した道路=11日午前9時55分ごろ、秋田市浜田字町ノ下

 梅雨前線の影響で、秋田県内は10日深夜から11日にかけて大雨に見舞われた。秋田市では道路の冠水が相次いだほか、川の増水に伴う避難呼び掛けが行われた。県内は12日も、明け方から昼前まで激しく降る所がある見通し。

 秋田地方気象台によると、停滞する梅雨前線に向かって温かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になった。県内37観測地点の同日午後3時までの24時間降水量は鹿角市83・0ミリ、仙北市田沢湖高原82・5ミリ、秋田市81・5ミリ。このほか19地点で50ミリを超えた。

 秋田市消防本部によると、市内では4カ所で道路の冠水を確認。同市浜田字町ノ下では午前8時ごろ、住宅前の道が約50メートルにわたって冠水し一時通行止めとなった。

(全文 656 文字 / 残り 339 文字)