アヤソフィア、礼拝へ壁画隠す トルコ、旧大聖堂のモスク化で

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
10日、イスタンブールのアヤソフィア前の広場で、イスラム教の礼拝をする人々(ゲッティ=共同)
10日、イスタンブールのアヤソフィア前の広場で、イスラム教の礼拝をする人々(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領が10日にイスラム教のモスク(礼拝所)とすることを決定した世界遺産の建造物アヤソフィアで、礼拝に向けた準備が進められる。地元メディアによると、人物が描かれたキリスト教の壁画は開閉できるカーテンで覆われるという。

 世界遺産イスタンブール歴史地区を代表するアヤソフィアは6世紀にキリスト教の大聖堂として建設され、内壁にはモザイク画などで聖母子像や天使が描かれている。イスラム教では禁じられている偶像崇拝とみなされるため隠すとみられる。

 アヤソフィアの所管は文化観光省から宗教庁に変更され、入場料もなくなる。