五輪出場の小笠原歩さんら理事に 日本カーリング協会

お気に入りに登録

 日本カーリング協会は11日、東京都内で理事会と総会を開き、2014年ソチなど冬季五輪3大会出場を果たした小笠原歩さん(41)、1998年長野五輪女子代表の大沢明美さん(47)らを新理事に選任した。協会によると、カーリングの元五輪選手が理事になるのは初めて。貝森輝幸会長(71)は再任となり4期目。いずれも任期は2年。

 小笠原さんは「選手に一番近い立場として、私にしかできないこともあると思う。(協会運営が)円滑に回るよう努めたい」と語った。ジュニア代表コーチも務めており、育成と強化の両面で期待される。