県内広い範囲で大雨に 小坂で土砂崩れ、大館で道路冠水

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大雨の影響で冠水し通行止めとなった県道=12日午前10時50分ごろ、大館市十二所
大雨の影響で冠水し通行止めとなった県道=12日午前10時50分ごろ、大館市十二所

 秋田県内は12日、東北地方を通過する低気圧に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で大気が不安定な状態になり、広い範囲で大雨に見舞われた。小坂町で土砂崩れ、大館市で道路が冠水するなどした。

 秋田地方気象台によると、県内37観測地点の12日午後4時までの24時間降水量は鹿角市100・5ミリ、鹿角市八幡平98・0ミリ、鹿角市湯瀬72・0ミリ。ほか5地点で50ミリを超えた。

 県警と県によると、小坂町十和田湖大川岱で土砂崩れが発生し、国道454号の大川岱―滝ノ沢間が一時通行止め。大館市十二所では沢や用水路の水があふれ、県道十二所花輪大湯線が約100メートルにわたって冠水し、通行止めとなった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 473 文字 / 残り 180 文字)

秋田の最新ニュース